経済

日本、アセアンが温室効果ガスの排出について、より綿密に注視することができるよう支援

東京 – 日本は産業の測定や監視フレームワークを設定して、東南アジア諸国が温室効果ガスの排出量を追跡するように助けるとNikkeiが学びました。

このイニシアチブの概要は、今月中に作成され、10月31日から英国が主催するCOP 26気候サミットで発表される予定です。

東南アジア諸国連合の多くのメンバーが追跡方法がないため、個々の会社の排出量を測定することが困難である。 サプライチェーン全体での脱炭消化努力を監視する能力がますます重要になっています。

年間3,000トン以上の二酸化炭素を排出する日本企業は、事業所別の排出量を報告してください。 ヨーロッパやアメリカでも同様の要件があります。 会社で使用する計算方法を含めて、日本のモデルは、ASEAN加盟国のテンプレートの役割をすることです。

日本は支援を提供し、共同プロジェクトに参加する予定です。 フィリピンでは産業別の排出産業を計算するための現場試験が来年の夏に開始されます。 環境省と商工会議所の協力で選定プロセスが開始され、セメントと廃棄物管理部門は参加候補の一つとして選ばれた。

フィリピン排出量の計算は、生産量だけでなく、電気、化石燃料の消費を含むデータに基づいて行うことです。 廃棄物から出るメタンは推定されます。

ベトナムとタイでも候補産業選定手続きが進行中である。

気候変動の問題が顕著になり、消費者と投資家は選択をするとき、ますます脱炭消化を検討しています。 Appleは、2030年までに、サプライチェーン全体での順排出量ゼロを達成するという目標を発表しました。 排出量を測定し、削減に向けた進展を成し遂げていない企業は、ベンダーから脱落する危険に直面している。

ASEANの排出量は、地域経済が拡大されることによって増加することが予想されます。 マレーシアは2030年にGDPの調整量を2005年レベルから45%削減する目標を設定し、シンガポールは36%削減を目標としています。

READ  日本の株式市場は、反発し、米政策期待と堅調な指標で景気懸念後退 - 内外の高 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close