技術

1964年のオリンピックは、新しい日本を呼んだ。 今回は応援する内容が少なくなります。

TOKYO – 1964年10月に澄んだ青い空の下、日本の昭和天皇は、東京オリンピックの開幕を宣言するために生まれ変わった国の前に立ちました。 日本の大衆が第二次世界大戦で日本の降伏を宣言することを初めては声が今期待に満ちた場に響いた。

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の影響で1年延期された東京オリンピックが来る10日に再び開幕する。 開幕式には、ヒロヒトの孫である徳仁天皇がスタンドに立つが不安な国が、別の感染の波と格闘しているので、観客は入場が制限されることです。

日本とオリンピック運動の両方に延期された2020年大会は衰退の可能性よりも、未来への希望の瞬間ではないことがあります。 そして1964年のオリンピックを切なく回想する日本の世代に、減って概ね歓迎されないオリンピックの見通しは深刻な失望です。

1964年、東京の家族の家で新しいカラーテレビにつけたことを鮮明に覚えている69歳の井上一夫(Kazuo Inoue)は「日本のすべての人々は、オリンピックの興奮に燃え上がりました。 それ欠落して少し残念です。 “

しかし、苦悩は、オリンピックの序幕の伝染病混乱と多くのスキャンダルの問題がありません。 今日の国家とオリンピックが象徴するバーは、57年前と大きく異なります。

1964年のオリンピックは、日本が戦争の廃墟から回復して侵略の時代を経て、現代的平和な民主主義の再建されたこと、世界に示しました。 高速道路と新幹線が緊急完成しました。 所得が増加するにつれてInoueさんのような多くの日本の家族はオリンピックを見るためにテレビを購入しましたが、これは世界初の衛星で生中継されたものです。

今回、日本は成熟して豊かな国です。 しかし、経済は過去30年の間に落ち込んでいより多くの人々を残しています。 子供7人のうち1人は貧困に苦しんでおり、多くの労働者が不安定で手当をほとんど支払わない契約やパートの仕事に従事しています。

今はるかに古い国でもある。 ヒロヒトが夏季オリンピックを開いたときに、人口の6%だけが65歳以上であった。 今日、その数値は28%が超え出生率は1964年の半分に近いです。 人口は2008年から減少します。

1964年の東京オリンピックは、多くの場合、日本が繁栄に切り替えた時点であると考えます。 4年ぶりに日本は全占領国である米国に次いで世界第2位の経済大国になりました。 (それ以来、中国に次いで3位に落ちました。)多くの日本人が、中間層に入ってテレビだけでなく、洗濯機、冷蔵庫、掃除機のような他の現代の家電製品も購入しました。

日本は再び高齢化人口減少に政府と企業、市民社会がどのように対応するかによって、その結果が変わる転換点を迎えている。

永原弘(Hiromu Nagahara)マサチューセッツ工科大学歴史学科准教授は、1964年に「日本が動く感じと未来がある国の感」があったと言いました。 今では “信頼を失った国では、政治エリートたちがその自信喪失を非常にひどく感じる国」です。

日本の長年の観察者は、いくつかの硬化慣行や文化的規範を変更する必要がないと言います。 強力な社会的結束力をもとに、産業大国に浮上したのに対し、社会のそのような側面は、女性、少数民族と伝統的な期待を満たしていない他のグループを抑圧する傾向があります。

コロンビアの大学の現代日本の歴史的なキャロルグルクロンは「日本の強みは明らかです。 まさに社会的な構造です。」と言いました。 「しかし、それは変化をもたらす困難作るなら、それは弱点になることがあります。 “

Gluck教授は「可能性がたくさんあります。 「しかし、問題は、状況がそう悪く前に把握されて実現されるかです。 “

オリンピックのために、日本の国際的なスポットライトと一緒に多くの社会的ないぼが露出された。

去る2月、東京の組織委員会委員長である森喜朗(84)は、伝統主義者たちから断固とした弁護を受ける前まではなかったが、会議で女性があまりにも多くの話という理由で辞任しなければならいた。 国から 156のうち120位 多くの日本の女性は、彼の発言があまりにもおなじみの態度を反映していると認識した。

日本でゲイとトランスジェンダーの権利を促進するために、オリンピックの瞬間を捉えするよう活動家からの圧力にもかかわらず、差別を「容認できない」と表示される控えめな法案は、保守議会での公聴会すら得られませんでした。 そして今週開会式の作曲家は、学校でひどくいじめを受けた障害同級生に告白をした事実が明らかになって辞任しました。 日本の文部科学省は、いじめを教室で最も大きな社会問題の一つとして規定します。

東京が2020年のオリンピック招致に挑戦したとき、当時の安倍晋三首相は、これを2011年壊滅的な地震、津波、原子力災害を克服した勝利の象徴としました。 そのメッセージは、新しい物語に圧倒されました。 ファンデミクを克服するための世界的な努力を表します。

オリンピック開催にほとんど反対する日本人たちはどちらメッセージも買わずにいる。 核浄化はまだ完了していなかった、東京でコロナウイルスの事例が6ヶ月の最高に達したことにより、緊急事態の中でオリンピックが開催されています。 この増加は、オリンピック選手村で、毎日の肯定的な事例が発表され、さらに増幅され、すべての人にウイルスの持続的な力を想起させます。

そして、いくつかのイベントを除いては、観客がすべて禁止されているので、ホテル、レストラン、小売業者およびその他のビジネスにプラスの影響がほとんどありません。

1964年のオリンピックスタジアムで記念布販売したIkuzo Tamura(84歳)は、「観光事業やホテルについて残念に思います。 彼らは私たちのような機会を持たない。 誰かを責める必要はないと思いますが、このような状況では、人々は我慢するしかない」と話した。

現時点で日本の最善の希望は、大規模な発症せずにイベントを終えて危機管理能力を誇示する可能性があります。

「1964:日本の歴史上最も偉大な年」の著者ロイ富沢(Roy Tomizawa)は「日本政府に同意かどうかは、今回の大会は、非常に高いリスクを抱えて行われている」と述べた。

「シモンワイルスダブルパイクをしようとすると同じで、シモンワイルスを除いては、どのような女性もできない動きです。」と彼は付け加えました。 「いくつかの国がこの仕事を進めていることをわかりません。」

歴史は1964年のオリンピックが途方に暮れた市民が覚えているほど順調に進んでいなかったと指摘します。 奈良女子大学のスポーツ社会学者石坂維持は、1962年アジア競技大会に日本チームを派遣することにした日本の決定のために二人の高官が辞任したと言いました。 そして1964年のオリンピックがある1年前まで大衆の約半分だけが五輪開催を支持しました。

しかし、すべてのオリンピックの希望は、オリンピックが始まると、体育大会が前面に表示されることです。 人々が1964年に最もよく覚えているのは、ロシアから金メダルを取った工場労働者のグループである日本女子バレーボールチームの勝利です。 または団体金メダルを取った人の体操代表チームは、英雄になる。

今年はライブの観客がなくても、ドラマはまだ存在し、放送されます。 しかし、それは鍛えになります。

1964年の体操選手であり、個人銀メダル3個を獲得した鶴見修二(83)は、「選手たちに観客がいるということは、私に大きな力になります。」と言いました。

「選手の息づかいを肌で、競技場の空気、成功着地を待っている周りの人の緊張を感じるします。」と彼は付け加えました。 「それがなければ同じでありません。」

1964年優勝したバレーボールチームの一員であったYoshiko Kandaは観客の歓声が「なぜ私は競争していることを最もよく思い出させてくれるだろう」と言いました。

未婚の松村(Matsumura)という名前で大会に参加した神田(79)氏は、「こんな感じがなければ多くの運動選手が困難になるだろう」と述べた。 「1964年には、環境、空気、社会の感情がときめきに乗って上がっていました。」と彼女は付け加えました。 「64年のオリンピックに比べるととても寂しいこと」

READ  グローバルチップ不足がいつ終わって、最終的にPS5を購入することができますか?

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close