トップニュース

2週間10回の攻撃の後、日本で野生の猿を狩る日本

日本警察が2週間で10人を攻撃した野生の猿を探している。

攻撃は7月8日、日本南西部の山口県小郡地域で始まった。 最も深刻な事件はある家に侵入して赤ちゃんにひどく傷ついた事件だった。

「掃除をしている間、子供が泣いている音を聞いて振り返ってみると、猿が床で遊んでいる子供の足を握っていました。 赤ちゃんを外に引き出そうとしていたようです。」 赤ちゃんのお母さんが地元のメディアに話しました。

刑務所通信によると、猿は先週末、1階のアパートのスクリーンドアを開き、4歳の少女の足を傷つけて軽微な怪我をした後、近くの人々を攻撃したと伝えた。

身長40~50cmと知られている猿も近所の幼稚園教室に侵入し、4歳の女の子を掻いた。

現地警察は警戒態勢を維持していることが分かった。 彼らは動物に罠を置き、人々に窓を開けてはいけないと警告しました。 地元の市場事務所は地元の住民に警戒を求めるチラシを配布しましたが、火曜日にこの動物はまだ放置されています。

公営放送であるNHKは5月以降、この地域で約40匹の猿が目撃されたと伝えた。

日本人がより警戒するよう強制した唯一の野生動物ではありません。 近年、広島公園で2匹の動物が銃に当たる前に6人に負傷した事件を含む、イノシシに関連する少数のクマと共に全国的にクマが目撃され、攻撃がありました。

無料の日刊ニュースレターであるFirst Editionにサインアップしてください。 毎週平日午前7時(BST)

クマの目撃と攻撃の急増は、動物の自然生息地にドングリが不足し、餌を求めて人口密集地域に迷うように強制しています。

人口密度の低い農村地域では、かつて生息地と人口密集地域との間の自然な境界を形成した放棄された農地の荒廃化も要因である。

北海道最北端本島だけで昨年2197頭で前年より381頭増えた。 2020年、石川県のあるショッピングモールで12時間以上過ごしたツキノワグマが地域ハンターの銃に当たって隠れました。

READ  トンガの回復に必要な長期支援

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close