230ドルの冬のマンゴーに対する日本の秘密:農家が果物をだます

1 min read

中川弘之(Hiroyuki Nakagawa)は、日本の北海道島のオートフーケ(Otofuke)にある自分の農場で霧のある温室の中に白いタンクトップを着て、包装や配送準備ができた熟したマンゴーを採っています。 晴れた12月のある日、外気温はマイナス8度ですが、温室内温度計は約36度を記録します。

中川は、2011年から雪に覆われた日本最北端の島である十勝地域でマンゴーを栽培してきました。 彼はマンゴーを一人当たり230ドルで売っています。 彼は持続可能な農業実験がいつか世界で最も高価なマンゴーを生産するとは思わなかった。

READ  日本およびその他の地域:写真の中の週間
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours