EUと日本が安全保障と経済問題を議論する

1 min read
欧州連合(EU)と日本は、原材料分野における中国の優位性に対抗するための協力協定の準備を含め、いくつかの一般的な安全保障と経済的課題について議論したと木曜日の管理者によると。

ウルスラ・ポンデアライエン欧州連合(EU)執行委員長とシャルル・ミシェル(Charles Michel)欧州理事会議長は、ブリュッセルで岸田文夫(Kishida Fumio)日本首相を歓迎し、半導体分野での両側間の協力についても議論した。

3つの管理は、今週ビリニュスで開催されたNATOサミットに出席し、ベルギー首都で2時間のサミットを開催した後、共同記者会見でこう語りました。

3つの管理は、特に日本が現在G7(G7)の循環議長国を務めているため、相互関心事である安全保障問題に言及しました。

ミシェル長官は、北朝鮮の核プログラムが「地域と国際安全保障を脅かす」という点を考慮して、水曜日、北朝鮮の固体燃料弾道ミサイル発射を強く糾弾しました。

さらに、ポンデアライエン大臣は、欧州連合と日本がアジア太平洋地域の経済安全保障を含む「平和と安全保障に対する前例のない挑戦」を解決するための努力を調整するために「戦略的対話」を始める準備をしていると確認しました。

彼女はロシアとウクライナ間の戦争がサプライチェーンにどのような影響を与える可能性があるかを示しましたが、EUと日本は経済にとって不可欠な原材料の面で「同じ依存関係を共有している」と強調しました。

彼女は「私たちの目標の一つは、限られたサプライヤーグループへの過度の依存度を減らすこと」とし「ほとんど中国に基づいており、私たちの経済に重要な製品を提供している」と強調した。

岸田は中国に直接言及することなく共同協力の重要性を強調した。

彼は「日本、欧州連合、そして同じ考えを持った国家にとっては、経済安全保障とリスクの減少に対して統一された声で調律して対応することが重要だ」と話した。

彼は半導体サプライチェーンに対して「半導体産業のための先端技術のために一緒に努力している」と断言した。

三関係者は人工知能分野の協力も議論した。 Von der Leyenは、人工知能製品が軍事目的で使用できる他の国の手に入らないようにするための共同の願望を強調しました。

首脳会談で日本は2011年3月、地震で原発事故が発生した福島地域で欧州連合(EU)の食糧輸入制限を直ちに解除した。

欧州連合執行委員会は、東京が提供したデータによると、欧州連合市民は福島産植物、魚、キノコを食べても危険ではないと説明しました。

木田は制限解除の決定を歓迎し、それが「科学」に基づいていることを確認しました。

その代わりに、ミッシェルはブリュッセルが日本市場のヨーロッパの肉、野菜、果物のアクセシビリティを改善するために努力していることを確認しました。

AFP通信

READ  性別賃金格差は世界中で持続しており、会社内で同じ職務を遂行する場合でも同様です。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours