技術

FelmiLabほか両者インターネットベースの技術で継続的な長距離の量子テレポートに成功 – Engadget日本版

Fermilab

米国のFermi国立加速器研究所(FelmiLab)、カリフォルニア工科大学(Caltech)、AT&T、ハーバード大学、NASA JPLカルガリー大学の共同研究チームが44kmの距離を有する光ファイバを使用して、最初の光子キュービットを90%以上の精度でテレポートさせることに成功したと発表した。

これは、いわゆるある場所から別の場所への量子状態を「実態を伴わずに「送信する両者テレポーテーション現象。 2つ以上の粒子が(距離に関係なく)互いに表裏一体に存在する両者昆布を使用して、符号化されたデータのテレポートさせる両者インターネットという概念が実現可能と思われますがあります。

米国は7月部が全国的な両者のインターネットの発展戦略を発表し、世界の量子技術開発競争で、米国がトップでことを目的とすると宣言しています。 今回の研究結果は、その点タイムリー成果として注目されるものと言えるでしょう。

FelmiLabの両者科学プログラムの責任者で論文の共著者のPanagiotis Spentzouris氏は「これは、私たちがグローバルな通信方法を再定義する技術を構築するための重要な成果」と述べた。

研究に使用されたシステムは、インテリジェントな、量子ネットワーク技術の官民の研究プログラムINQ-NETによって設計され、構築された。 このシステムの管理者Maria Spiropulu氏は、「持続可能な高性能、拡張可能な代わりテレポーテーションシステムで、このマイルストーンを達成することができたことを非常に誇りに思っています。今回の研究結果は、2021年第2四半期までに完了する予定のシステムのアップグレードでさらに改善される予定です」と言いました。

FelmiLabとCaltechチームは、このネットワークに基づいて、シカゴにIllinois Express Quantum Networkと称する都市規模のネットワークを構築することを計画しています。

もちろん、この研究では、すぐに現在のインターネットを確認変えることはありません。 ましてや映画「ザフライ」のように人やパリとその某かの物体を転送する装置を作ることができるのもありません。 研究者の一人は、Viceメディア技術のニュースを伝えるMotherboardについて「SNSを好きな人は、「代わりのインターネットサービスプロバイダ」と契約すると何かいいことが?よく質問される」と冗談を交えながら「まだ多くの研究開発作業必要があります」と述べた。

出典:PRXにFermiLab

※Engadget日本版では記事へのリンクでアフィリエイト報酬を受け取ることができます。


TechCrunch 開始バトルオンライン2020[파이널 라운드]正午開始
クイトキン/ログラス/ 207 /ガレージバンク/ Crezit / STANDS

TechCrunch Japan編集部オススメのハードウェア記事

READ  「Dead by Daylight "海無幼稚園と山岡邸宅が構造グラフィックの両方の再構成。 などのビジュアルアップデートを複数回行う計画も発表| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close