Googleは、買い物リストやその他のメモを心配する1つのアプリ、Keep – Ars Technicaに移動します。

1 min read
大きくする / 携帯電話やスピーカーに向かって叫ぶ食料品や雑草は、アシスタントではなくGoogle Keepに保存されます。 2018年ラスベガスで開かれたCESで独自のモノレールラップを獲得したAssistantです。

ゲッティイメージ

かつてGoogleのアシスタントとして機能していましたが、機能が徐々に消えているGoogle Assistant メモとリストの管理をGoogle Keepに引き渡す。 Keepはまともなメモ管理アプリなので、これはやや良いニュースです。 しかし、Googleがいつか捨てる可能性があるデータを保持する主な場所が1つあるため、心配することもあります。

ように 9to5Googleで発見、Googleは音声中心のアシスタントに指示されたショッピングリストやその他のメモをGoogle Keepに移動しています。 Google Keepはもともとアシスタントが買い物リストを保管していたところでしたが、2017年にGoogleはそれをGoogle Expressに移動しました。 Expressは、Amazon Primeと同様のメンバーシップを提供したGoogleのショッピング中心のサイトでしたが、Googleショッピングストアにある程度変形しました。 ArsのRon Amadeoが当時強調したように、買い物リストを移動すると、猫の飼料をもっと買わなければならないという事実を保存することができる新しい、奇妙で広告リンクがいっぱいの非直感的な場所が作成されました。

Googleは2019年に他のアプリにショッピングやその他のリストを保存する機能をサポートしました。 これには、Keepだけでなく、Any.do、AnyList、Bringなどのサードパーティ製のアプリも含まれています. サードパーティのサポートが6月に終了したので、Keepだけが残りました。

Googleショッピングリストのウェブビューで、「ショッピングリストはGoogle Keepに移動されます。」 通知が表示されます。

Google

Google アシスタントを使ったことがある場合は、リストとメモ「そして Googleショッピングリスト ぎこちないように見えるWebアプリに隠されています。 対応するメモは「識別チップ」とともに自動的にキープに移動されます。 いくつかの例外があります。 Googleによると、タイトルが999文字を超えるメモとリスト、19,999文字を超えるコンテンツ、999文字のリスト項目、または999文字を超えるリスト項目は「移動できない可能性があります」と述べています。 エラーであるか、非常に重要なメモを手動でインポートできます。 Googleテイクアウトを使用する

メモとリストのための別々のスペースですが、実際には区別されない2つのスペースを持つことは、Google Expressの製品チームを率いていない人にとってはあまり意味がありませんでした。 通知の場合も同様です。 Googleのタスクに切り替えました

かつてアシスタントが次のような場所にいたことは、より多くの証拠です。 会社の中核未来イニシアチブほぼすべてのGoogleサービスを1つにまとめた音声中心の製品であるAI中心のプロジェクトに焦点を当てていません。 そのため、Keep自体は次のようになります。 AIベースの「マジックリスト」 大規模な言語モデルに馴染みのあるコンテンツを作成する際に、サブタスクを提案し、ヒントを提供します。

Keepは、Googleアカウントを持っている限り、メモに使用するのに最適なアプリです。 iOSアプリはウェブ上で動作するため、Android、Apple、その他のデバイスを使用する家庭に適した選択肢です。 ほとんどのサードパーティ製アプリへのアクセスが不足しています。 ある エンタープライズ API そして 非公式顧客しかし、携帯電話やアシスタントを除く他のデバイスでKeepにメモを簡単に追加できる機能はほとんど見たことがありません。

しかし、KeepにはすべてのGoogleアプリと同じ弱点があります。 会社はいつかそれを別のものにすることにしたり、その機能をより光沢のある新しいオブジェクトにプッシュしたり、毎日何百万人もの人々が使用しているにもかかわらず完全に残すことができます。 メモをバックアップし、一箇所に完全に保管しないことは常に慎重なようです。

READ  ロケットリーグのシーズン3発売日がNASCARとフォーミュラ1バンドルと一緒に発表されました。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours