Gunzeが世界中で30%リサイクル原料を使用した環境に優しい「GEOPLAS® HCT3」熱収縮フィルムを発売

1 min read

記事の内容

持続可能な経済に向けた足跡を象徴

記事の内容

日本大阪 — Gunze Limited(本社:日本大阪、社長:東芝さぐち) [Tokyo:3002] は2023年1月、リサイクル樹脂を使用した環境に優しい熱収縮フィルム「GEOPLAS® HCT3」を発売します。 この製品は、化学リサイクル原料を30%使用するポリスチレン/ポリエチレンテレフタレート多層製品です。 物質バランスアプローチで。 新製品は日本で先に発売され、米国とASEAN市場に拡大する予定だ。 石油由来原料の使用を減らし、グローバル市場への参入に注力する再生熱収縮フィルムシリーズの最初の製品です。
*「GEOPLAS® HCT3」は日本市場のブランド名です。

記事の内容

プラスチック脱皮の動きは、世界中のすべての国で加速されています。 2022年4月、日本で「プラスチック材料のリサイクル法」が実施されたら、企業と自治体はプラスチック製品の設計から製造および再利用まで、あらゆるプロセスで資源のリサイクルを促進する必要があります。
同社は2019年12月に「プラスチックリサイクルシステムの基本方針の推進」を確立し、「リサイクルおよびバイオプロパティ原料への移行」戦略を進め、プラスチック事業で使用される原料の50%をリサイクルすると宣言しました。 2027年までにリサイクルとバイオマスを使用し、2030年までに比率を100%に引き上げます。
軍製は異種素材の多層技術を通じて機能を加え、優れた収縮性能と剛性を実現し、ハイブリッド収縮フィルムの厚さを減らし、環境にやさしい経営を進めている。
プラスチック事業の主力製品の一つであるハイブリッド収縮フィルムに再生原料を使用するなど、持続可能な経済性実現のための努力を強化していく予定だ。 そして今回の新製品の発売は、石油素材の使用量と温室効果ガスの排出を減らすための努力の一つです。
また、当社の中核工場である森山工場は、2024年まで循環型工場で、廃プラスチックを排出しない無排出工場に切り替える予定です。 技術。 そして、100%リサイクル可能な原料で製品を商品化します。
今回、リサイクル素材を30%使用した収縮フィルムを発売し、2024年までに50%、2030年までに100%に拡大することを目指している。

記事の内容

本製品は当社独自の多層延伸フィルム技術を用いたポリスチレン/ポリエチレンテレフタレート多層製品です。 ペットボトル飲料、食品、化粧品、家庭および個人衛生用品およびその他の製品の収縮ラベルとして世界中で広く使用されています。 この製品は、優れた収縮外観、穿孔適合性、耐熱性、内容物耐性および剛性などのポリスチレンおよびポリエチレンテレフタレートの利点をすべて有する。

物質バランスアプローチは、原料から製品への加工および流通の過程で特定の特性を有する原料(化学リサイクル原料など)と特定の特性を持たない原料(石油由来原料など)を混合することです。 。 特定の特性を有する原料の投入量に応じて、特定の特性を有する原料を製品の一部に分配する。 物質樹脂アクセスベースの製品は、企業の恣意的な決定を避けるために第三者認証を必要とします。
物質バランス方法の詳細な説明: https://www.gunze.co.jp/plastic/e/detail/125

製品概要

商品名

:

ジオプラス® HCT3

ラインナップ

:

厚さ35ミクロン(自動収縮スリーブラベル付き機で使用可能)

特徴

:

石油由来製品と同じ収縮の外観を達成し、環境への影響を減らします。

アプリケーション

:

飲料、食料品、家庭および個人管理製品のラベル

販売計画

:

初年度(2023年度)250MT販売目標

販売拠点

:

日本、アメリカ、ベトナム

2023年1月から日本市場にサンプル出荷が始まる。 以後3月には製品出荷体系を構築し、6月には第三者認証を獲得して認証製品の販売を開始する計画だ。 2023年6月には米国とベトナムに海外法人を立ち上げる予定です。

軍制紹介
Gunzeは1896年に日本の京都で設立され、現在、プラスチックフィルム、エンジニアリングプラスチック、電子部品、医療機器、衣類、その他のさまざまな分野の大手開発および製造業者として様々な事業を運営しています。 Gunzeは、世界10カ国で5,600人以上の従業員を雇用しています。
1962年に設立されたプラスチックフィルム事業部は、20カ国以上でかなりの立地を確保しています。 日本には3つの製造施設があり、米国、ベトナム、中国に子会社があります。 Gunzeの使命は、革新的な製品とソリューションを提供することで生活の質を向上させることに集中し続けます。

businesswire.comでソースバージョンを見る: https://www.businesswire.com/news/home/20221219005013/en/

シンボルマーク

コンタクトレンズ

Gunze Limited、企業コミュニケーション部門
野中シンジ
電話: +81-6-6348-1314
HP: https://www.gunze.co.jp/english/support/

#distro

READ  日本、企業にロシアのガスコストをルーブルで支払わないことを要求経済ニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours