トップニュース

Japan Photo Journal: 京都嵐山の夜に反射プールに紅葉が反射します。

KYOTO – 京都右京区嵐山地区にある染色工房の紅葉が今年10月に設置された反射プールで、紅葉と桜で2倍の光を放っている。 工房は150年前、明治時代(1868-1912年)に建てられた木造の建物で、約20年前に染色画家・奥田類似が買収しました。 もともとはレストラン旅館として使われており、ノーベル賞を受賞した作家の川端康成(1899-1972)の小説「山の音」(「山の音」)を執筆したことが知られています。 横1.5m、縦3m、奥行き5cmほどのリフレクションプールは近くの桂川に反射した風景で着眼しました。 スタジオは12月19日までライトアップされます。 詳しくは、嵐山有亭のウェブサイト(日本語)https://yusai.kyoto/yusaitei/をご覧ください。

(日本語オリジナル:山崎一樹、大阪写真部)

READ  「病気に横たわっている」娘を殺そうとした日本の女性逮捕

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close