経済

JVC、スマートフォン連携コーチングとよく連サポートするスポーツ用ビデオカメラ – AV Watch

GY-TC100

JVCケンウッドは、JVCブランドより、スポーツ選手の実力向上をサポートする機能を搭載したビデオカメラ「teamnote CAM」「GY-TC100」を10月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は10万円前後。

チーム情報とゲームスコアのリアルタイム共有することができるスポーツチームのコミュニケーションサービス「teamnote」との連携機能を標準搭載したスポーツ専用のビデオカメラ。 スコア入力アプリケーション「teamnote SPORTS」を利用して、撮影中の評価と選手の情報を入力することができ、放送局のスポーツ中継のような映像撮影・記録が可能である。

専用アプリ「JVC CAM Coach 2」と連携した新機能で遠距離から撮影した映像をすぐに簡単に確認できる「リモートレビュー機能」や、撮影映像の再生タイミングを遅延してプレイ直後に自分のフォームなどをすぐに確認することができある「遅延再生機能」を搭載。学校サークルでのクラブチームまで、さまざまなスポーツの育成現場で選手たちのコーチングとよく教育などに活用できるとしている。

リモートレビュー機能画像

リモートレビュー機能は、フォーメーションの俯瞰映像と別の角度からの選手のプレーをコートが水中スマートフォン/タブレットで確認することができますので、すぐに選手フィードバックがある。 遅延再生機能では、選手自身がプレー直後にスマートフォン/タブレットを確認して、自分のフォームを確認することができる。 また、録画中に、後で確認したいシーンにタグを入力することができますので、再生時見たいシーンをすぐに見つけることができます。

遅延再生機能画像

有効画素数は動画の写真を最大228万画素。 光学40倍のダイナミック60倍ズームをサポートします。 シャッタースピードを手動設定も可能である。

最大連続撮影時間は約4時間20分で市販の携帯電話のバッテリーの充電にも対応。 充電時間は約6時間10分。 また、本体内蔵バッテリーでスマートフォンに電源にも対応している。

Wi-Fi機能を搭載してホアプリ】「JVC CAM Coach 2」「teamnote “” teamnote SPORTS」と連携のほか、「Everio Sync 4」を利用すれば、スマートフォンに動画配信とSNS共有が簡単行うている。

64GBの本体ストレージを備えるほか、SDカードスロットも搭載。 記録方式は、静止画をJPEG映像がAVC / H.264、音声がDolby Digital 2ch。

端子はmicroUSB、HDMIミニ出力、3.5mmステレオを備えています。 消費電力は2.6W。 外形寸法は60×128×59.5mm(幅×奥行き×高さ)。 重さは約306g。 レンズキャップ、ACアダプター、充電器アダプターケーブル、USBケーブル(A to microB)HDMIケーブル(HDMIミニto HDMI)などが含まれる。

READ  アップル幹部、A14 Bionicと自社開発のチップの設計をいう。 5nmプロセス気エンジンの強化 - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close