トップニュース

Retro Japan: 京都国際会議場の目立つ形

京都 – 日本西部の市京区にある京都国際会議場(ICC京都)は、1966年に日本初の本格的な国際会議場としてオープンしました。 3年前、政府が入札を要請し、建築家サチオが提案した計画建築家、単に元祖に師事した大谷(Otani、1924-2013)は、195の出品作の中から選ばれました。



2020年10月13日、京都佐京区にある京都国際会議場(ICC京都)の内部から正門とメインロビーを結ぶ廊下が見えます。 廊下の上部から自然光が入ります。 (毎日/北村高尾)

比叡山を背景に周囲の自然と調和して建てられた建物は、日本の古代首都である京都の特徴を彷彿とさせる。 この建物は、伝統的な日本の建築技術を使用して、「かしょづくり」や急な屋根の伝統的な家屋を思わせる台形や逆台形と神社の建物を組み合わせています。

ICC京都のメインホールは最大2,000人まで収容できます。 天井は空に浮かぶ世界を模した円盤で飾られており、光を反射するパネルの役割もする。 施設の隣にある宝岳池の風景を借りた和風庭園や茶室など文化交流のプラットフォームとなっています。

カンファレンスセンターは、開場以来約20,000件の国際および国内会議と約1,200万人が参加したあらゆる種類のイベントを開催しました。 1997年には、第3次国連気候変動協約締約国総会(COP3)を開催し、京都議定書を採択しました。 会議の形態が変化するにつれて、ICC京都は一層アップグレードされ、拡大されています。 おそらく、世界最高の国際会議センターの1つとして使用することができます。

(日本語オリジナル: Takao Kitamura, Osaka Photo Department)



光の反射板としても働く空に浮かぶ世界をモデルにしたディスクが、10月10日に京都佐京区にある京都国際会議センター(ICC京都)メインホールの天井に見えます。 2020年14月14日。 (毎日/北村高尾)

* * *

この記事の日本語版はもともと2020年11月22日に公開されました。

* * *

このシリーズは、日本の素晴らしい建築物と過去の秘密を探る。 ここでより多くのRetro Japanの記事を読んでください。



写真で見るレトロジャパン:京都の畏敬の念を呼ぶカンファレンスセンター

READ  フロイド・メイウェザー(Floyd Mayweather)、日本で次の展示展が開かれると発表

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close