トップニュース

Shinji Murakami、日本でCognizantの700人のチームを率いています。

グローバルな技術コンサルティング会社であるCognizantが新しい日本代表としてShinji Murakamiを指名しました。

トップの座にあるShinji Murakamiは、保険、生命科学、通信、技術、製造分野の企業を含む60人以上の顧客にサービスを提供する日本では約700人の専門家のチームを率いています。

Cognizantは、2008年に日本に初めて上陸し、現在、東京と大阪に事務所を置いています。 この会社の国内部門は、デジタル戦略、技術革新、製品の設計やエンジニアリング、物事インターネットおよびエンタープライズ・モビリティを専門とします。

Cognizantのグローバルな成長市場社長のUrsula Morgensternは「日本は過去数年の間に、私たちの地位を大きく増やしてきた戦略的な市場の一つです。 Murakamiは今 “が重要な市場でCognizantの次世代成長を主導」と「最先端の助言と提供機能をさらに強化」する任務を務めました。

Murakamiは、IT業界で30年以上の管理サービス、モバイル通信、ビジネス開発、市場への進出戦略を主導した経験をもとに課題の豊富な経験を提供しています。

Cognizantに入社する前はMicrosoftに勤務し、会社のエンタープライズグループの管理責任者として働いていました。 この役割では、彼業種全体で経営トップを参加させることに焦点を当てた営業チームを率いて、顧客がデジタル技術革新を主導することができるよう支援しました。 Microsoftに入社する前にMurakamiはHewlett Packardから12年の間に勤務し、日本企業のサービス統括管理者でした。 またSoftbank Telecom、IBM、DXC Technologyのシニアリーダーシップの役割を務めました。

Murakamiは自分の新しい役割について言及し、「日本がデジタル社会の構築に集中している時期にCognizantの一員になって光栄です。」とMurakamiは言いました。 「私は日本企業がCognizantのリーダーシップを介してデジタル革新を可能にすると同時に、日本の事業に、より多くの推進力を提供し、日本の才能のある従業員に、より強力な経験を提供することを期待します。」

READ  ボットタスイ3番目のポールポジションを獲得。 フェルースタトペᆫ狭くスタジアム見逃す【予選レポート/ F1 11ラウンド]- オートスポーツweb

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close