経済

Toshibaは成長の道を行っているが、成功に向けて長い道のりに直面しています。

145年の歴史の中でToshiba Corp.は日本で有名な名前がされており、会社はSony Group Corp. とPanasonic Corp.のような他の有名な電子企業と一緒に、多くの場合、日本を代表する企業であると考えます。

しかし、Toshibaの評判は近年の一連のスキャンダルのために相当な打撃を受け今この会社は弱いガバナンス、外国人投資家との対立は、強力なリーダーの不在など、日本企業文化の欠点を示すものに見えます。

東京に拠点を置くこの業界大手企業は、年次株主総会で、外国人投資家の投票行動に影響を与えるために、政府と共謀したもので、6月に明らかになった後、ブランドに追加ダメージを受けました。

さまざまな問題の結果、東芝は生き残るために、メモリチップ、海外の原子力建設や医療機器などの複数の事業を売却して撤退しなければならいました。 2007会計年度に記録された7兆6000億円を超えるピークに比べて売上高は、2020年3兆1000億円で半分以下に減りました。

これは自然にいくつかの質問を提起しています。 Toshibaが混乱から脱し再び繁栄することができますか? どのようなビジネスが成長するのですか?

専門家は、東芝がまだ競争力を備えた、いくつかの事業と技術を保有しているので、成長に戻ることができると言う。 しかし、多くの投資家が期待する速度で行われないだろう実を結ぶために、数年またはそれ以上かかるので、会社は成長のためのより詳細な青写真にそれらを説得する必要があります。

若林秀樹(Hideki Wakabayashi)東京理科大学教授は「多くの人が東芝の事業ポートフォリオが日立、NEC、富士通ほど良くないと考えるだろう。 電子産業をカバーするアナリスト。

「彼らは東芝がもはや成長の機会がないと思うかもしれませんが…会社に成長の可能性があるいくつかのビジネスがあります。 “

Toshiba Next Planという東芝の中期ビジョンによると、成長の主要な柱は、インフラストラクチャサービスであり、同社はまた、脱炭、消化やデジタル変革の波に乗ってしようとしています。 会社の残りの部分を考慮すると、専門家は、Toshibaが正しい方向に向かっていると言います。

昨年11月に、 同社は、会計年度2019年3兆4000億円と1,310億円から2025年までに売上高と営業利益をそれぞれ4兆円と4000億円に増やすと発表した。

これは主にデジタル化を介して植物や工場オペレータの現場運営を改善する製品を含むインフラストラクチャサービスを推進しながら、買収の機会を模索することで実現されます。

Toshiba Next PlanというToshibaの中期事業ビジョンによると、成長の主要な柱は、インフラストラクチャサービスであり、同社はまた、脱炭、消化やデジタル技術革新の波に乗ってしようとしています。 | ロイター

SBI SecuritiesのチーフアナリストであるYoshiharu IzumiはToshibaがインフラ関連会社の既存の顧客ベースを多く保有しているので戦略が正しい方向に向かっていると言いました。 Toshibaは多様な人材と技術を保有している付け加えました。

しかし、Hitachi Ltd.のような競合他社もビッグデータを活用して、類似したインフラストラクチャサービスを提供しているので、スムーズなことではないことがあります。

Hitachiは、様々な産業分野の顧客が運営を改善することができるようにLumadaというデータ分析プラットフォームを提供しています。 プラットフォームは、ここ数年の間にHitachiの成長動力になりました。

WakabayashiはToshibaも同様の統合データ解析プラットフォームを用意しなければならないと言いました。

また、東芝は、再生可能エネルギー事業を強化するために努力しています。 同社は、日本が2050年までにカーボンニュートラルを達成するという、日本の約束に支えられ、今後10年の間に、再生可能エネルギーに50兆〜80兆円の投資を行うことを期待しています。

発展で流通、保存に至るまで、Toshibaはすでに、さまざまな再生可能関連技術と事業を保有しており、そのうちのいくつかは、国内市場を支配しています。

例えば、Toshibaはメガソーラー設置の大手メーカーであり、次世代の太陽光発電技術であるペロブスカイト太陽電池も開発しています。 このセルは、折り曲げられてフィルム層ほど薄いため、従来の太陽電池パネルが適していない場所に設置することができます。

Izumiは「ペロブスカイト太陽電池を開発し、実用化することができる場合は可能性が非常に大きい」と言いました。 「Toshibaは基材とチップ技術も活用することができますので、追求する価値があると思います。」

東京理科大学の若林秀樹教授は東芝がエンジニアを維持することが重要であると考えています。  | 教徒
東京理科大学の若林秀樹教授は東芝がエンジニアを維持することが重要であると考えています。 | 教徒

同社はまた、水力発電装置と電力網システムの大手企業です。 これは、計画 再生可能エネルギー関連事業の売上高の増加 2019会計年度1,900億円から2030年まで6,500億円に増加

そして東芝はまた、量子暗号とがんの血液検査のような技術を開発しており、これは将来的に巨大なビジネスに発展することができます。 これらの事業の可能性を考慮すると、再び繁栄することができると専門家たちは言います。

しかし、再生可能事業のような多くのビジネスが実を結ぶために、数年かかり、おそらく時間がかかることがあります。 これより短い期間に収益を望む株主にフラストレーションを与えることができます。

東芝は10月に新しい中期事業計画を発表する予定であり、会社が株主を説得することができる戦略を提示することが重要になります。

若林は、4月に辞任したグルーマー谷信昭元CEOの「東芝はグルーマー谷川執権したときにそのようなシナリオを提供していなかった。これは重大な間違いだった」と述べた。

ターンアラウンドプロセスの一環として、東芝は、システムLSIチップ、米国の液化天然ガス、海外の原子力発電所の建設などの一部の赤字事業から撤退することを決めた。

構造調整のために2018年会計年度から2020会計年度の間に、約10,000人の雇用が減り、運用コストが簡素化されました。

東芝は、実際に2015年の会計スキャンダル以降解雇を開始し、数万人の従業員が去ることを見ました。 2016年3月、約19万人の従業員がいたが、4月には11万7300人に増えた。

Wakabayashiは構造調整が収益性を高めたのに対し、人員削減は、あまりにも行き過ぎをすることができていると言いながら、エンジニアを失うことは重要競争上の優位性であるToshibaの技術力を弱めることができると言いました。 彼は会社がまだ激動の時期にあるため、より多くのエンジニアが東芝を残すことができると付け加えた。

若林は「従業員が会社の価値があると思います。 「エンジニアが生産する価値はToshibaの技術を作るので、エンジニアを維持することが重要です。」

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本はワクチンのためのオリンピック選手を優先することができます:レポート

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close