温泉村に楽しさとゲームをプレゼントする全日本枕戦い大会【写真】 – SoraNews24 -日本ニュース-

Estimated read time 1 min read

日本で枕の戦いが競争スポーツなのがここです。

誰かがどんなスポーツをしているのか尋ねるなら 浴衣 (夏着物)と スタジアムとして、そして スポーツ用品なので、おそらく混乱して目を点滅させます。 しかし、実際にそのようなスポーツがあり、毎年2月に開催されます。 全日本枕戦い大会

静岡県の有名なビーチ温泉街である伊藤で開催されたこの大会は、茅ヶ崎高校生のアイデアで初めて誕生し、今年で12回目を迎えています。 日本の学生は一晩修学旅行中に枕の戦いをすることがよくあるため、これを競争的なスポーツに変えようというアイデアが都市広報に役立つ方法として素早く受け入れられ、現在48チームがチャンピオンシップに参加しています。

今年の大会は来月に開かれる予定だ。 2月24~25日、最初の予選日には72試合、最後の日には40試合が行われました。 各チームには8人(攻撃位置に2人、守備位置に2人、主張1人、リベロ1人)で構成された目標は枕を投げて相手チームの主張を殴り、掛け布団(布団毛布)1個は守備に使用することです。

チームは最大3つの2分セットをプレイし、2セットの勝者が次のラウンドに進みます。 試合中に審判が頻繁に口笛を吹いて「先生が来る!」と叫ぶ。 これは、1つのチームが横になって寝ているふりをし、相手のチームがスキップして、できるだけ多くの枕を盗むというサインです。

▼ゲームは屋内で40畳「フィールド」(両側に20マット)で信頼できるメーカーである真倉株式会社の承認された枕(「マクラ」は「枕」を意味)を使って行われます。

枕は簡単に投げられるように特別に設計されており、最も強く投げるときでも怪我を防ぐのに十分なほど滑らかです。

明るい色は激しい競争の中でも枕を際立たせ、表地は普段より丈夫で破れにも耐えられます。 内部ラテックスの重量は最適なスピードと距離に合わせて設計されており、何よりもオンライン販売が可能なため、学生はトーナメント前に目標を練習できます。

もちろん、学生だけが枕を購入できるわけではなく、一般大衆にも人気があることが証明されています。 枕はオンラインで購入できます。 マクラ そして 楽天 価格は3,950円(US$26.69)で、枕の戦いによるストレス解消や安眠にも良いそうです。

トーナメントは枕が目立つように見えた初期から、確かに多くの進歩を遂げました。 チャンピオンシップが伊藤市民スポーツセンターで開かれたとき、私たちは間違いなくそれらを見守ります。 なぜなら、彼らがどれほど柔らかく、トーナメントに優しいのかに関係なく、誰もが枕で頭を合わせたくないからです!

ソース: PR Times (12)
現われた映像: 広報タイムズ
画像挿入:PR Times(12)
●SoraNews24の最新記事が掲載されるとすぐに聞きたいですか? Facebookで私たちをフォロー そして Twitter

READ  「マッドマックス怒りのデスロード」は何すごい? 映画の醍醐味がここにある| Real Sound | リアルサウンド映画部
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours